妊娠/出産関連

産休・育休制度を使って出産しても働き続けよう。わたしも取れる?

デザイン会社勤務女性

去年転職して1年しか経っていないけど、妊娠したみたい。産休や育休は取れるのか不安・・・。

子供を考えているパートタイムの人

結婚後に今の会社でパートで働き出して3年。そろそろ子供を考えているのだけど、パートだと出産前に辞めるしかないかな。

産休とは

産休とは、「産前休業産後休業」のことです。

働く女性が、母体の保護のために出産の前後にとる休業です。

産前休業

出産予定日の6週間前(双子以上の場合は14週間前)から、請求すれば取得できる。

産後休業

出産の翌日から8週間就業できない。(母体を労るためです)

産後6週間を過ぎた後本人が請求し、医師が認めた場合は就業できる。

上記は、誰でも取得することができます。

手続きの進めかた関しては会社によって違いますので、あなたの会社の労務に確認してみてください。

育休とは

育休とは、「育児休業」のことです。

1歳未満の子供を養育する労働者が会社に申し出ることにより、子供が1歳になるまでの間で希望する期間、育児のためにとる休業のことです。こちらは基本的には男女問わず取得することができます。

育児休暇を取得できる人について、厚生労働省の資料に以下のように出ています。

育児休業を取得できる人について

◼️期間の定めのある労働者契約で働く人(契約社員など)

・同一の事業主に引き続き1年以上雇用されている
・子供の1歳の誕生日以降も引き続き雇用されることが見込まれる
・子供の2歳の誕生日の前々日までに、労働契約の期間が満了しており、且つ契約が更新されないことが明らかでない


◼️以下の要件に該当する場合は、育児休業を取得できません
(対象外とする労使協定※がある場合のみ。)

・雇用された期間が1年未満
・1年以内に雇用関係が終了する予定
・週の所労働日数が2日以下

※労使協定とは・・・労働者と会社の間で取り交わされる書面による協定のこと


◼️日雇いなどの日々雇用される人は、育児休業を取得できません

育休は取得できる方の要件が決まっており、誰でも取得でいるというものではありません。

雇用された期間が1年未満だと育休が取れない場合もありますが、実際には育休を出す時点=産後休暇中(詳しくはこの記事の下で説明します)に入社1年を超えるようであれば育休を取得できることもあります。

もしまだ入社して1年経ってないけど、どうかな?と思う人は会社に確認してみてください!諦めるのは早いかもしれませんよ!!

デザイン会社勤務女性

私は正社員だし、今の会社に入ってから1年は経っているから産休も育休も取れるってことね。

子供を考えているパートタイムの人

私はパートなんだけど、勤めて3年だし特に契約が終了するとかいうこともないわ。しかも週4日で働いているから産休・育休の両方が取れる!

産休→育休→復帰までの流れ

妊娠中

●妊娠がわかったら

出産予定日や休業の希望を早めに申し出ましょう。
 出産後も仕事を続けたいという意志をはっきりと伝えることが大事です。


ちなみに私は妊娠4ヶ月頃に会社に報告しました。
つわりなどがそこまで酷くなかったので初期に報告することはなかったのですが、どんどんと次年度のプロジェクトなどが舞い込んできてしまったことから報告に至りました。



・妊婦検診などを受けるための時間(休み)が必要な場合は、会社に申し出ましょう。
 会社が、受診のために確保しなければいけない回数というのが決まっています。
 そのために休んだ場合の日給・時間給が有給か無給かは会社の定めによります。

私の勤める会社では、検診等のための休みはもちろん認められていましたが、無給でした。そのため、有給休暇を取得して妊婦検診を受けました。



医師から働き方について「休憩が必要」「入院が必要」などの指導があった場合は、その内容を会社に申し出て必要な措置をとってもらいましょう。

妊娠中、特に初期などはツワリがあまりにもひどかったり、切迫流産気味になってしまったりなどの事例は少なくありません。仕事をしばらく休むことや時差通勤などの相談が必要になるかもしれません。

そんなとき、母性健康管理指導事項連絡カードを医師に記入してもらい、会社に伝えることでスムーズな措置を講じてもらえることがあります。

このカードは、母子手帳についているのでコピーなどして使用することができます。

●妊娠中の職場生活

・残業などの時間外労働の制限、軽易業務への転換などを請求することができます。

産前休業の申し出をする。
出産予定日の6週間前(双子以上の場合は14週間前)から取得することができます。
会社に請求しなくてはいけませんので、忘れずに確認しておきましょう。

産前・産後休暇

育児休業の申し出をする(1ヶ月前まで)。

産休と続けて取得する人は、産休前にあわせて申請する場合が多いでしょう。
書面には育児休業の開始日を記入する必要があります。育児休業日は出産日に寄与するので、私は出産後に郵便で会社に正式な書類を提出しました。

育児休業中

復職に向けた準備をする

復職後の勤務時間帯など、どのような働きができるか考えます。出来る限り会社と連絡をとりあい、復職後の労働条件についても確認した方が良いです。

そして、育児休業期間を延長する必要があるかどうか考えます。
育休の期間は1年間ですが、希望によって延長することが可能です。

復職

●子供が1歳になる前に復職する場合に利用できる制度

・育児時間(1日2回、各30分)
・時間外労働、休日労働、深夜業の制限など
・母性健康管理措置
・時短勤務制度、看病休暇

●3歳未満又は未就学の子供を育てている人が利用できる制度

・時短勤務制度.
・所定外労働の制限
・看護休暇
・時間外労働、深夜業の制限

育休の期間は?

2020年現在、育休期間は1年間(こどもの1歳の誕生日の前日まで)で、最長2年間まで延長することが可能です。

わたしの場合ですが、こどもが早生まれだったため0歳児では保育園に申し込むことさえできませんでした(自治体によります)。

そして、1歳の誕生日までに保育園に申し込みましたが不承諾となり、延長しました。

延長は「保育園などに申し込だが入ることができなかった」など、やむを得ない状況の場合に受け入れられるものですので、そのあたりは注意してください。

結局その年の4月に入園することができたので、トータル1年とちょっとの育休期間となりました。

育休は男女に認められている制度。実際はどうなの?

最近は男性の育休取得についても推奨する企業なんかも多くなってきているようですが、現在発表されている平成30年の男性の育休取得率は・・・・

6.16%(過去最高)

厚生労働省のレポートです

これが高いと思うか、低いと思うか・・・?

ちなみに女性は82.2%です。

記憶に新しいところでは、小泉新次郎環境相が2週間の育休をとりましたよね。なんと、日本の現役閣僚で初の産休取得だったとのこと。

これを機に、国のトップの人達がどんどん育休を取得して「男性も育休を取るのが当たり前」という社会になっていけるのかもしれません。

育休とりたいけどマタハラが怖い…

私の友人にもマタハラを受けて会社を辞めさせられそう・・・と悩んでいた人が数人いました。私の周りだけでも数人いるくらいなので、実際には日本全国にたくさんいるのではないでしょうか・・・。

「妊娠したから解雇」というのは違法である、と厚生労働省のWEBページにもはっきり記載されています。

その他、妊娠・出産・育休を契機として降格や減給、不利益な配置変更や正社員から非正規雇用へ切り替えたりすることも違法です。

ですので、基本的には心配することはありません!

マタハラをされているあなたではなく、マタハラをしている人間/会社が悪いのですよ。

辞めたくないけど産休をとれる雰囲気でもない…と退職を考えている人は、いったん思い留まってほしいです。

もしハラスメントを受けた場合は、各都道府県の労働局雇用環境・均等部まで相談してみてくださいね。

あなたの産休・育休はいつから?

ここまで産休・育休について説明してきましたが、6週間とか8週間とかいろいろ出てきて「私はいったいいつから産休なの?育休は?もうよくわかんない!」という人のために!

産前・産後休業、育児休業の自動計算

ぜひ↑のページで自分の産休や育休開始日を確認してみてくださいね。

私が産休・育休を経験してみて

数年勤めて妊娠・出産をしましたが、入社したときから「私は出産後しても仕事を続けたい」と思っていたので、希望通り産休・育休を経て復帰できて良かったです。

子供を持つと、当然お金がかかります。仕事が好きであるということに加えて、戻れる仕事があることで経済面での安心感にもつながりました。


長期のお休みをもらうことで、人員的な要素や業務的な要素で会社に不便をかけてしまうことはあるかもしれませんが、労働者にとって産休・育休は当たり前の権利です。

その制度を最大限に活用し、仕事に育児に全力で頑張るママ・パパがたくさん増えると良いなぁと思っています。

えるかり

最後までお読みいただきありがとうございます!

もし少しでもこの記事が参考になったら、下のSNSボタンでシェアしていただけたら嬉しいです♪