英語学習

TOEICと英検の違いは?レベルが上なのはどっち?これから受けるなら。

英語の試験といえば?

多くの人が TOEICまたは英検 というでしょう。

ですが、TOEICと英検は似ているようで全然違うテストです。

よくわからないけど、どっちを受けた方がいいの?
どっちの方が難しいの?

というあなたのために! 比較してみたので参考にしてみてください。

えるかり

ちなみに筆者はTOEIC900点、英検は準1級を持ってます。

え?中途半端でたいしたことない?!(笑)

TOEICと英検 基本情報の比較

※この記事のTOEICとは、TOEIC®︎Listening and Reading Testを指します

TOEIC英検
運営者国際ビジネス
コミュニケーション協会
日本英語検定協会
実施国世界160カ国国内のみ
測る能力読む・聞く読む・書く・聞く・話す
(話す は2次試験)
題材一般・ビジネス場面での
コミュニケーションの場面
身の回りの日常会話から
教養を深める社会問題まで
レベル段階なし5級、4級、3級
準2級、2級、準1級、1級
問題数リスニング:100問
リーディング:100問
級による
試験時間リスニング:45分
リーディング:75分
級による
(1次:1、5時間〜3時間)
(2次:1時間)
受験料6,490円級による
(3000〜9500円)
開催回数年10回
(2月と8月以外の毎月)
年3回
(春・秋・冬)
受験人口約250万人
※2018年
約385万人
※2018年度
有効期限試験日から2年間永久

TOEICと英検 レベルの比較

最初に伝えておきたいのですが、実際にこの二つのテストのレベルを比較するのは非常に難しいです。

TOEICと英検 基本情報の比較 にもありますが、2つのテストの題材や測る能力が違うからです。

以下の表は一般的なレベル比較表、あくまで目安です。

TOEIC英検
950点〜1級
850点〜準1級
700点〜2級
600点〜準2級
500点〜3級
400点〜4級
300点〜5級

こう見るとTOEIC950点の人は英検1級合格できるのかな?と思うかもしれませんが、実際にはそうではないです。

実際には、英検1級には及ばない英語力の人でもTOEIC990点をとることは可能です。
ですが、TOEIC950点でも英検1級に合格できない人は少なくないでしょう。

上記は英語学習上級者の場合の話。

私が英検2級レベルだったときは、TOEICの点数はだいたい750点くらいだったので中級レベルはだいたい合っていると感じています。

えるかり

実際に両方受けてますが、英語学習者上級者にとって難しいのは断然英検です。特に語彙のレベル。それと英検には準1級以上で作文があります。その辺が選択肢問題のみのTOEICより難易度があがる点です。

どうしてTOEICの方が点数がとりやすいのか

別の記事でまた詳しくお伝えしますが、簡単に言うとTOEICは時間配分や解き方攻略することで高得点を狙える試験だからです。

また、2つのテストの基本情報の比較表にもありますように、英検はリーティング、リスニングに加えて、ライティングとスピーキングのテスト(2次試験:3級以上)があり、4技能を測定されます

私の実体験なのですが、過去に英検1級2次試験の試験監督(バイト)をしたことがあります。

受験する人の英語の経歴は様々だったと思いますが、時事問題について自分の意見を明確な理由づけと説明を加えて話さなければなりません。

どんなに英語がペラペラでも、自分の考えを筋道をたてて語れるレベルでなくてはいけません。

帰国子女で英語ほぼネイティブである人でも英検1級の合格が難しいというのがこの点でしょうか。

もちろん、TOEICの高得点がたいしたことがないということはありません。

高得点とるための攻略が重要ではありますが、紛れもない高い英語力がないと高得点はあ到底とることはできませんよ!


TOEICと英検 どっちを受けるべき?

単純に4技能の英語能力を測りたいのであれば、個人的には英検をオススメしたいです。

特に上級を目指している方にはオススメできます。

頑張って合格すると、その資格は永久のものになります。※TOEICのスコアの有効期限は2年間です。

ですが英検は社会人の就職や転職に特別有利ということはありませんので、今後英語力やテスト結果をどういうことに使っていきたいかによって大きく変わります。

英語学習初心者

英検は子供の頃からあったイメージだけど、TOEICってけっこう新しい試験だよね。学生は英検で、TOEICは社会人向けってことで合ってる?

TOEICのスコアが役立つのは

TOEICのスコアが役立つのは・・・

・仕事のキャリアアップや海外赴任
・就職活動や入試
・資格取得
・ボランティア活動

現時点では、社会人の人に役立つシチュエーションが多いですね。

会社でTOEICと受けなければいけないという話も多いです。

就活や入試に必要なこともあるので、学生でも受験者は多いでしょう。

英検の資格が役立つのは

英検の資格が役立つのは・・・

・入試で優遇される
・単位認定される
・海外留学でも使える

上記のことから、メインではやはり学生に役立つ資格と言えます。



みなさんご存知の通り、英語のテストはこの二つだけではありません。

留学したいのであればTOEFLIELTSを受験することが必要な場合もありますし(留学する国や地域、大学によって採用しているテストは違います)、子供向けの英検jrなんていうものもあるのです。

それはまた別の機会に記事にしますね☆

TOEICと英検の違いについて、少しでもお分かりいただけたら幸いです。

えるかり

最後までお読みいただきありがとうございます!

もしこの記事が参考になりましたら、下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいです♪