英語学習

英語学習初心者におすすめの勉強法は?最初は何からやればいいの?

”英語力をUPしたい“と思っているけれど、中学で習ったことも忘れちゃったし英語を話すなんてもってのほか・・・という方も多いのではないでしょうか。

そこまで英語に触れていなかったり苦手意識を持っていたりすると、もう何から勉強したらいいのか分からない!というふうになってしまいますよね。

英語学習初心者

それ、まさに私…。英語を勉強したいってずっと思っているけど、もう自分のレベルさえよく分からないし、巷にはいろんなメソッドがあるから、何を選んで何を勉強すれば良いのかも分からないの。唯一分かっていることは、自分が英語の超初心者ってことだけよ。

えるかり

最近よく周りの友人からもそういう相談を受けるんだよね。英語勉強法についてもいろんな情報があるから迷っちゃう気持ちも分かる。でも、初心者ならまずやることは決まっているよ。

初心者がまずやるべきこと

TOEIC満点の人も、英検1級の人も、海外で働いて英語ペラペラの人も、日本で育った日本人であれば誰しもが最初は初心者です。

私も最初は初心者でしたが、自分なりに試行錯誤しながら頑張って英語力をあげました。その当時私は学生でしたので時間に余裕がありましたが、仕事や育児で忙しいあなたのために、初心者がやるべき基本的な勉強手順についてまとめてみました。

①単語力をつける

語彙力は一番の基本であり、一番重要なポイントです

外国語を勉強しようと思ったら、単語の勉強を避けて通ることはできません。

基礎的な単語を知っていれば、もし今後知らない単語が出てきたときに、知っている簡単な単語を使って説明して相手に伝えることができます。まずは語彙力をつけましょう。

英単語を覚えていく上での注意点ですが、学生の時にやったような【ひたすら単語帳や単語本を暗記する】はおすすめできません。単語だけをどんなに覚えても、使い方を知らなければ意味がないからです。

ここでオススメしたい方法は、例文や文章(ストーリー性のあるもの推奨)を読みながら覚えていくことです。その方が単語の意味が記憶に残りやすく、暗記よりもずっと覚えるのが楽ですし、使い方と一緒に覚えることで真の単語力UPにつながります。

もしあなたの家や実家に、中学の頃の教科書などがあればぜひ読んでみてください。超初心者の方への私のオススメの教材は、中学の教科書です。

②文法力をあげる

英語学習初心者

英文法。英語が苦手な人=私にとっては良いイメージがない言葉だわ。なんか難しそうだし挫折しそう。

英文法とは、簡単に言えば語順のルールです。

単語を並べるだけでも意味が通じてしまうこともあるかもしれませんが、基礎的な英文法は必須です。

ここで朗報!実は英語ネイティブの人も意外と会話の中では簡単な文法しか使っていません。基本的な英語力に必要な文法については、中学生レベルの理解があればまずは十分と考えます。どうでしょう、少し頑張れそうという自信が湧いてきませんか?

③リーディングの練習

リーディングは、単語力と文法力をフルに使わないとできません。逆に言うと、両方のスキルを同時にあげることができる分野となります。初級レベルの文法と単語力があれば、すぐにでもリーディングを増やしてレベルを上げてほしいと思います。

初心者の場合は長いストーリーを読むのは大変なので、個人的にオススメしたいのはまたも中学英語の教科書などです。とても簡単な会話分などからスタートしているのがほとんどで、内容もけっこういろんなジャンルがあるので飽きません。私は勉強のため、英語の教科書を何度も何度もよみました!

④リスニングの特訓

英会話のみならず、昨今の英語教育業界(受験含む)でもとても力を入れられているのがリスニング。

英語でコミュニケーションをとる上で、リスニングはとても大切です。聞き取りができないと当然その受け答えもできませんから、どんなに英語の問題が解けたり難しい単語を知っていてもそれを使うことさえできません。

リスニングは英検5級レベルからありますから、教材を探すのには苦労しないと思います。いきなり“映画の英語を聞き取るぞ!“ではなくて、実力にあった教材や音源を選ぶことが大切です。

自分のレベルはどのくらいか?英検の過去問題の音源を聞いてみて判断してみても良いかもしれませんね。※各級のページに飛ぶとリスニング音源も聴けます。

⑤ライティングで文章の組み立て訓練

ライティングとは作文のこと。初心者にはややハードルが高く感じる部分ではないでしょうか。

自分の勉強してきた単語、文法の知識を使って文章の組み立てを行う練習です。

いざ書いてみると、”読めるけど書けない“という壁にぶち当たることでしょう。

細かい文法の間違いは中級者以上でも多く見られますし、母国語でない言語で細かい部分を間違えることは当然ですので、恐れずに書いていきましょう。

何を書けばいいの?という人も多いと思いますが、一番書きやすいのは日記です。
今日は何をした、どんな気持ちだった、今度何をしたい、など最初は英語の基礎的な表現のみで書いてみましょう。

⑥スピーキング力をつける

初心者にとって一番難関に感じられる部分ではないでしょうか。とくにシャイな日本人にとっては難しい分野のように思います。

文法や単語が間違ったり、ちょっとくらい発音が変でも大丈夫です。英語は世界中で話されている言語。世界中いろんな鈍りがあるし、世界中いろんな間違いがあるのです。慣れてくると、「へぇ〜、この国の人は発音にこんな癖があるんだなぁ〜」なんてわかってきてとても面白かったりします(初心者でこれを感じるのは少し難しいかもしれませんが)。

スピーキングで一番大切なのは「自分の考えを述べようとする姿勢」です。これさえしっかりと持っていれば、相手の人は必ずあなたの言おうとしていることを汲み取ってくれようとしたり、真剣に聞いてくれます。

逆に、一番やってはいけないことは”間違いを恐れて、何も言わないこと“です。

私も最初の頃はそうでしたし、今もたまにちょっと伝わらないかもしれないなぁと思って言葉を飲んでしまうこともあります。

これは絶対にもったいない!!!!!!

そして、スピーキングは英語話者を相手に練習するのが一番です。理由は、正しい英語、もしくは実際に時地上で使われているホンモノかつ便利な表現などをピックアップしやすいこと。また発音も聞きやすい場合が多いので(地域にもよりますが、英語を母国語としない国の鈍りよりは聞きやすいので初心者向けと言えます)オススメです。

えるかり

上記、①〜⑥までを行い、英語の基礎力をつけましょう。これさえできれば英語力UPが効率よくできる土台が固まっていきます。

その他 発音の練習などもとても大切ですが、これはまた別の記事で紹介します⭐️

初心者が知っておくべき英語学習の“勘違い“

初心者の海外留学は実はお金の無駄…?

無駄です!!とハッキリ言い切ることはできませんが、あなたが初心者であるのならばおすすめはしません。

海外に行って生の英語に触れることが一番早く英語力を身につける方法だ!と思っている方も多いでしょうが、そうとは言い切れません。

私も何度か海外に留学したことがありますが、英語がほとんどわからない状態で留学しても英語でのコミュニケーションが取れないので、結局同じ国の人同士でつるんでしまってほとんど上達しないままだったという人もたくさん見ました(これは日本人に限ったことではないです)。あまりに英語の基礎力がないとスムーズに生活するのも非常に大変で、結果として同国・同言語の人と過ごす時間が増えてしまうのは当然とも言えます。

海外の雰囲気を感じて他文化に対する理解や興味を深める為であれば非常に素晴らしい経験になるでしょう。でもそれだけの目的なら留学である必要がありません。

高いお金を払って中長期の留学をするのであれば、ある程度の英語の基礎力をつけた上でチャレンジするのが一番効率の良い方法です。まずは基礎力をつけましょう。

英語は聞いているだけでペラペラにはならない

聞き流すだけで英語がペラペラになる!という勉強法も巷にはあり、実際に成果をあげている人もいるのは事実だと思います。ですが、初心者にはおすすめできません。

よく、言語学習初心者は「赤ちゃん」に例えられるんですよね。言葉をこれから覚えていくという共通点からでしょう。
では、赤ちゃんが最初に言葉を覚える時を考えてみましょう。

言うまでもありませんが、赤ちゃんは最初から言葉を話せるわけではありません。赤ちゃんのうちは両親や周りの言葉を聞いているだけです。やがて、言葉を発するようになり、だんだんとたどたどしく言葉を話し始め、最終的に“ペラペラ”になります。

ですがここに、赤ちゃんが言葉を覚える過程と英語初心者の聞き流しには決定的な違いがあります。

それは、親や家族・周りの人間が赤ちゃんに話しかけるとき、必ず動作や説明が伴っているという点です。例えば、「はい、ごはんだよ〜あーん(口をあける動作)」「(高く持ち上げながら)高い高い〜」など。説明が伴うインプットなので、状況と一緒に言葉を理解していきます。経験とともに身につけていくということです。

英語の聞き流しの場合は、ひたすら聞いているだけ。そこにはなんの経験もありません。いろいろなシチュエーションは用意されていますし、何百回と聞いていれば表現ごと覚えることは可能ですが、そもそも理解していない言葉をまるごと覚えても、それを実際に使う機会ってあるのでしょうか・・・・?

聞くことはとても大切です。確かにたくさん聞いてインプットを増やすことで、聴き慣れてくるのでリスニング力はアップするでしょう。ですが、それはある程度の英語力のある人の場合に限ります

単語力も文法力もない状態でただ聞き流しているだけであれば、永遠に理解しないままと言っても過言ではありません。その状態では、いくら聞いていてもただのBGMにしか過ぎないのです。

赤ちゃんのように猛スピードで言葉を理解し身につけ自分のものにしていくには、

とりあえず英会話教室いっておこう・・・はNG?

英会話はアウトプットより場になります(会話なのでインプット要素ももちろんありますが)。初心者がやるべきことのところでも書きましたが、アウトプットするにはある程度の英語の基礎力が必要になります。ある程度の基礎力がついた状態であれば、“英会話スクールに通って上達すること”を実感しやすくなるので、オススメです。

おすすめの学習本

初心者の文法学習にはコレ!

English Grammar in Use シリーズの初心者向けの一冊です。

なんと、全編英語で書いてあります!

英語学習初心者

え〜〜〜!英語がわからないから使うテキストなのに英語で書かれてるって大丈夫?と思ったけど、すっごくわかりやすかった・・・。日本語の文法書よりもわかりやすいので騙されたと思って手にとってみてほしい。英語圏に語学留学したりするとこのシリーズを使っている語学学校がほとんどっていうくらい浸透しているシリーズです。

e-bookも付いているのも、オススメポイントの一つです。私も英語初心者の友人にオススメするのはまずこの1冊ですね。

中級者編はこちら↓ 
たぶんこれが世界的にも一番使われている英語テキストじゃないでしょうか!?

目標を決めよう

どんなことでもそうですが、目標を決めて取り組むことは非常に大切です。

こと英語に関しては、レベルというものが果てしなく続いており決して終わりのない分野になるので、モチベーションを保つためにも目標設定はとても意味のあるものです。

まずは大きな目標。あなたが英語ができるようになってやりたいことです。
これはすでにこの記事を読んでくれている人の頭の中にはあることだと思うので、簡単ですよね。

例えば、字幕なしで英語を見れるようになりたい、世界中に友達を作りたい、日本国外で働きたい、特定の専門分野を海外で勉強したい、など。

そして次に、近い目標です。
立てやすいのは、TOEICのスコアや英検受験などレベル目標を決めることです。ひとつひとつその目標を達成することを繰り返し、やがて大きな目標を達成することができます。

えるかり

勉強したらした分だけ力になるのが、英語学習です!

特に英語学習初心者の方の伸び代は無限大!!!難しいと思うこともあると思いますが、ぜひ頑張って英語に自信を持てるようになりましょう☆